ウッドデッキを作ってくつろごう

ウッドデッキに使用される木材の特徴

ウッドデッキをDIYで作る場合は、使用する木材の選択を迷われる方も多いです。

 

ウッドデッキは屋外設置ですので、耐久性の高い木材を使う必要があります。
ウッドデッキに使用される木材の種類には、
ハードウッド、ソフトウッド、人工木材があります。
費用や好み、メンテナンスなどを検討して、使用木材を選択しましょう。

 

ハードウッドは、非常に堅い木材で耐久性が高いです。
その為、ハードウッドを使用した平均的なウッドデッキの寿命は20年程度と言われています。

 

また、種類によっては水や害虫に強い木材があり、屋外の長期間使用にも最適です。
ハードウッドで有名なのは、鉄の木と呼ばれるウリンやイペなどになります。

 

比較的価格が安く柔らかい木材なのは、ソフトウッドです。
ソフトウッドは、ハードウッドよりも耐久性が低く寿命も短いと言われています。
しかし、レッドシダーなどは比較的耐久性も高いです。
また、防腐効果や防水効果のある塗料で塗装する事で、耐久性を高める事も可能です。
しかし、定期的に塗装する必要がありますので、
メンテナンスが1年に1回程度必要となります。
人工木材は、メンテナンスが容易で腐食しにくいですが、価格が高いです。

 

ウッドデッキの寿命には、使用木材だけでなく設置する場所の環境が大きく関係します。
その為、太陽があまり当たらない場所や風通しの悪い場所などは、
湿気がたまりやすく腐食しやすくなります。
その為、できるだけ風通しが良く、乾燥した場所を選んで設置しましょう。
また、より長く使い続ける為には、日々のメンテナンスをしっかりと行いましょう。

 

 

ウッドデッキの魅力や使用方法について

住宅に作られるウッドデッキは、建物の掃き出し窓から庭に出入するように作られる事が多いです。
ウッドデッキは、リビングから庭への視覚的な広がりを演出する為にも有効な方法になります。
また、屋外のやすらぎの空間としてもウッドデッキは大活躍します。
また、家を建てた後でも作る事ができます。
 

 

最近では、DIYでウッドデッキを作る方も多くなっています。
ウッドデッキは、小さな庭であっても作る事ができます。
庭の面積がウッドデッキにより少なくなっても、
プランターや鉢をおく事で緑や花を楽しむ事ができます。
その為、ガーデニングで花や緑を楽しみたい方にも最適です。

 

また最近は、スロープをウッドデッキで作らるご家庭も多くなっています。
ウッドデッキのスロープは、ご自宅を優しい雰囲気に演出するのにも最適です。

 

ウッドデッキの魅力は、気軽に戸外生活を楽しめる点でしょう。
ウッドデッキは、多くの場合リビングの延長として使用されています。
その為、外気や日差しを感じながら休息や食事などを楽しむ方が多いです。
また、お子様がいるご家庭では太陽の光の下でのおもちゃ遊びにも最適な場となっています。
さらに、洗濯物を干すのに活用されているご家庭も存在します。

 

最近では、自宅のウッドデッキをDIYで作成する人も増加しています。
DIYで作成する場合は、使用木材に耐久性に優れた木材を選択しましょう。
また、加工しやすい事も大事です。
使用木材では、ウェスタンレッドシダーが使用される事も多いです。
また、樹脂と木粉を混合した合成木材の使用も増加しています。
さらに、ハードウッドと呼ばれるウリンやイペ、ボンゴシなども人気があります。